試行錯誤を淡々と記録する。

やらなければいけない事を最短で終わらせて、子どもと遊んだり自分をリフレッシュする時間を捻出していきます。

お皿の枚数を減らす。

洗い物をもっと楽にしたいので、お皿の枚数を厳選することにしました。

 

おかず用の大皿一枚、お茶碗、汁ものの器、コップ1つ

子ども用の食器

保存容器いくつか

 

これでしばらく過ごしてみて、不便だったら戻そうと思います。